ラクマ「いいねがつかない5つの理由」と売れやすくなる3つのコツを解説!




いいねがつかない理由と対策!

以前、「いいねがつくけど売れない理由とコツ」という記事を書いたのですが、今回はそもそもいいねがつかない場合の理由と対策をご紹介していきます^^

私自身、フリマアプリ中毒で300件以上取引していますが、商品が売れないときのパターンって結構同じです(汗)

もし、あなたが「出品しても全く商品が売れない」「というかいいねすらつかない」という場合は是非この記事を参考にしてみてくださいね。

いいねがつかない5つの理由を解説!

 まず、いいねがつかない方は何か出品の仕方などに問題がある可能性があります。

考えられる原因を次に上げていくので、自分の出品した商品を確認してみて下さい。

1,検索にヒットしていない

これは、出品した商品が欲しがっている購入者に見て貰えてないという事になります。

 その原因としては、カテゴリ選びが間違っていることや、商品名や説明文でのキーワードが誤字脱字などで誤っていることが考えられます。

よくあるのが商品名の誤字脱字や、英語表記で登録してしまっている場合に検索ヒットし難くなる場合があります。

これについては、全て解説すると、記事が埋まってしまうので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。
出品の基本情報 300回取引した私が教える!ラクマ商品が検索に表示されない5つの理由と対策とは?

2,画像が良くない/分かりづらい

皆さんご存知とは思いますが、ラクマで商品を検索した際には1枚目の画像が表示されますよね。

なので、1枚目の画像はとても重要で、画像が悪いと商品ページを見て貰えません。

画像を撮影するのは面倒くさいと思う人もいますが、1枚めの写真ですべてが決まるっ!と思って、せめて1枚目だけでも見栄えのいい写真と載せましょう。

商品以外は写さず、一目でそれが何なのか分かりやすい綺麗な画像を1枚目に載せることを心掛けるとまっっったく反応変わりますので 笑

 3,値段が高すぎる

購入者が欲しい商品を見つけても、値段が高すぎるといいねすらしないことが多いです。

出品したい商品を検索してみて、ラクマの中での相場を捉えましょう。

同じ商品を売っている、他の出品者を見たり、Amazonでの中古価格を参考に価格を決めれば、大幅に値段が高い設定になるってことは無いはずです。

その際は、出品されている価格よりも「売れている商品の価格」を参考にしましょうね。

 4,商品の情報が少ない

見ず知らずの人から中古品を買うわけですから、購入者は商品の状態などを詳しく知りたいのです。

具体的には、画像を様々なアングルから撮影したり、使用年数や劣化具合を詳しく記入してください。

たまーーーになんにも説明文を書いていなくて「この商品の説明はありません」という状態で出品している人もいますが、ありえません(汗)

たとえ売れたとしても、これらの情報が不足していることでトラブルに繋がってしまう可能性もあるので気をつけましょう。

5,商品自体がそもそも売れにくい

根本的に商品に需要が無ければもちろんのこと、売れないどころかいいねはつかないでしょう。

他のフリマアプリメルカリでも実際に取引が行われているのか参考にすべく、一度検索してみるといいですね。

もし需要が低くても、多くの人に見てもらえるようにしたいなら、その商品が欲しい人が検索しそうな関連ワードを入れてみるのもいいですね。

 改善しても売れない場合

前に上げた内容を改善しても、売れないことももちろんあります。というのも、私自身いいねがつかないぃ~と悩みまくった時期もあるのですが・・・

実は、いいねがついても売れるとは限らないんです。

というのも、ユーザーがいいねをするのは買うつもりがあるだけでなく、何となく気になっただけでもいいねをすることもあります。

なのでいいねがつかなくても気にしないで下さい。

最終的には売ることが目標なので、そこに向けて様々な工夫をしていくことが大切なのです。

いいねがつくようになった場合は、前にも上げた「いいねがつくけど売れない理由とコツ」の記事も是非読んでみてくださいね。

ラクマでいいねがつくけど売れない4つの理由と対策!

更に商品が売れやすくなる3つのコツ

それでもどうしても売れないよ!という方の為に、更なる工夫をご紹介します!

次に上げる内容も是非参考にしてくださいね。

1,プロフィールを充実させる

購入者は出品者がどのような人なのかを見ています。

 特に評価が少ない場合は相手に、トラブルになる可能性があると判断されないようにしっかりとプロフィールを書いておきましょう。

といっても、難しいことを書く必要はなく、真摯に取引をする気持ちが相手に伝わればオーケーですね。

また、もしあなたのアカウントの取引数がまだ少なく、良い評価が少ない場合は安価な商品を購入したりして「良い評価」を増やしておくと信頼性アップに繋がります。

取引回数があまりにも少なすぎると「ああ、この商品ほしいけど、初心者の人みたいだからちゃんと商品送ってくれるかな?」と不安になりやすいです。

 2,出品する時間帯を考える

自分の空いている時間に出品をするのもいいのですが、その商品のニーズに合わせて出品する時間を工夫することでたくさんの人に見てもらえるチャンスが広がります。

例えば、主婦が欲しがりそうな商品なら昼間に出品するなどです。

更には、平日より土日だったり、世間の多くが給料日である25日や10日過ぎに出品をすることも効果的ですね。

私の場合自分の時間があるときにまとめて下書きを作成し、狙った時間に出品したりもします 笑

結構効果があるので、是非試してみてくださいね。

3、緊急性を与える【重要!】

マーケティングなど少し勉強すると、効果的に売れる販売方法が相手に緊急性を与えるという方法です。

購入者に「今すぐ、購入するべき理由を与える!」という事ですね^^

もう少し具体的に言うと

・○月○日まで限定出品!もしくは限定20%割引!

・〇〇個数量限定!

といったように、「今購入しなければ損しますよ?」という理由を添えると、本当にその商品が欲しい人は購買意欲が掻き立てられてしまうのです 笑

これはどんな大手企業も間違いなくやっています。大手企業がやっているということは効果があるということです。

商品によって、どうやって訴求すれば売れやすいのか?は変わりますので、慣れない間はよく売れている出品者のマネをするといいでしょう。

ただし!いくら早く売りたいからと言って、本当は割引していないのに書いてしまったり嘘の表記は駄目ですよ!

いいねが無くても売れるときは売れる!

今回はいいねがつかない場合に確認して欲しいことと工夫をご紹介させていただきました。

いいねがつかないということは、商品に魅力がないか、多くの人に見て貰えてないかのどちらかが多いです。

ただ、いいねはあくまでも、商品を売るための手段であり、目的ではないのでいいねを多く得ることばかり考えなくてもOKですよ~

いいねが無くても、即売れることもありますし、逆に良いねが10以上ついているのに売れないことも多々あります。

当記事を読んで頂いたあなたは、いいねに振り回されず楽しく出品していたけたらなぁ~と思います!

この記事を読んで下さった方の参考になれば幸いです٩( ‘ω’ )و

おすすめの記事